Skip to content

保育士の資格を専門学校で取るメリットやデメリット

保育士の資格を取得することで、保育の現場で働くことができます。専門学校などに通い、資格取得を目指すことができますが、保育士の資格を専門学校で取る場合のメリットやデメリットがあります。専門学校でのメリットとしては、基本2年で資格取得することが可能です。ただし、3年制の短大などもあります。

また、保育士以外の資格を取得することも可能な学校もあるため、保育士以外にも取得したい資格があるという場合には、取得を目指すというのもいいでしょう。学校を卒業することで保育士資格を取得することができるため、しっかりと学ぶことが大切です。デメリットとしては、2年の間にいろいろと知識や技術を学ぶことになるため、それなりに忙しいという点や通学制ということから仕事をしている方や主婦など家事や育児などがある方が定期的に通い学ぶということが比較的難しいという点です。4年制の大学に通うという形で資格取得を目指すこともできますが、学費が高めという点から、専門学校に通い資格取得を目指すほうが、学費も安く金銭的負担においてもメリットがあります。

資格取得後、仕事を始める場合には現場で戦力として働けることが重要です。専門学校では実習なども比較的多いため、その時の経験を現場でいかすことができます。仕事をすることはそれなりに大変ですが、やりがいのある仕事を求める方などは、資格取得を目指し、卒業後保育現場で学んだ知識、実習で得た経験をいかして働いてみましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です