Skip to content

保育士専門学校では実践的なスキルが身につく

保育士の専門学校のメリットは、実践的なスキルが身につくことです。2年間学ぶわけですが、同じ期間である短期大学に比べると、講師となる人材が保育の現場で働いている方であるため、実際に就職する段階で役立つということです。また、そのことも採用をする保育園がわかっているため、専門学校卒の方は、就職でも高い評価を受けることができます。就職率も、保育士としての率で100パーセントのところもあります。

これは、それを裏付けていることになります。また、就職支援がしっかりとしているのも、高い就職率につながっている理由です。独学では、自分で就職先を探していかなくてはなりません。また、大学や短大の場合も、どちらかといえば就職活動は学生が主体として行っていかなくてはなりません。

その点、保育士の専門学校は、就職支援に力を入れていて、一人一人に寄り添って就職サポートをしてくれます。そのため、一人で孤独に就職活動をしなくてはならないということにはなりません。保育士の専門学校を選ぶ際には、自分に合っている学習環境かどうかで選ぶのがベストです。2年間という期間、そこで学んでいきますから、できれば自分が成長できるカリキュラムがあった学校の方が、成長することができます。

学校ごとに力を入れているところが異なりますから、それぞれを比較してどこかが一番自分の成長ができるカリキュラムを用意しているのか、じっくりと選んで決めると良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です