Skip to content

保育士の専門学校の良いところ

保育士の専門学校の良いところは、保育士として活動していくうえで必要な、実践的なスキルが身につくことです。大学では理論が重視されますが、専門学校では教える人が実務で活躍している人であって、次週の機会も多いので、よりリアルなスキルを習得することができます。いくら知識があったとしても、それが使えないのでは意味がありませんから、これはとても大事なことです。専門学校の年間の学費は、そこそこ高いですが、それでも学習期間は2年間であることを考えれば、十分許容範囲ですし、トータルコストは安くなります。

それでいてきちんと実践力が付きますし、指定校であれば卒業と同時に保育士になることができるため、コストパフォーマンスに優れています。就職支援が強い点も魅力です。普通ならば、自分一人で就職活動をしていかなくてはいけませんが、専門学校は一人一人に対してしっかりと、個々の能力に応じた就職サポートを行っています。そのため、就職率もおおむね高いです。

また、専用の求人も保育施設から来ていることが多いため、自分で就職先を探すのに比べて簡単に情報を入手できます。パイプがある所ならば、求人が来ているところは高確率で採用されますから、保育士の資格を取っても働く場所がない、という事態にはあまりなりません。現在は、保育士自体の数が不足しているので、需要もありますから、それと相まって専門学校卒業生は、有利に就職活動をしていくことが可能です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です