Skip to content

保育士の専門学校の特徴

保育士になるための専門学校があります。資格を取るためにはいくつかのルートがありますが、保育士の専門学校は、指定校であれば卒業すると資格をもらうことができます。学習期間は2年で、4年制大学に比べると短いです。これは、確かに学習の時間が短いことから、忙しくなるというデメリットは有りますが、短期間で保育士になることができる点はメリットでしょう。

早く社会に出たい方にピッタリです。また、専門学校は大学に比べると学費が安いです。それに加えて在籍期間も短いわけですから、トータルで支払う学費は3分の1くらいになることもあります。もちろん、学費は学校ごとに異なりますから、一概にそうなると断言することはできませんが、おおむねそういった傾向にあります。

そして、独学とは異なって、しっかりと実技指導をしてもらうことができますから、実際に働きに出た後も困らないでしょう。独学で保育士試験に合格しても資格は取れますが、独学では実技をする機会がありませんから、そのスキルを身に付けることは難しいです。その点、専門学校では、現場で働く人が講師ですし、保育園での実習の機会も豊富にカリキュラムに取り入れられています。そのため、即戦力として働いていくことが可能です。

このように、保育士の専門学校には、様々なメリットがあります。他と比較してこのメリットが自分にとって魅力的だと感じるならば、選択肢としてこちらを選んでみると良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です