Skip to content

保育士の専門学校で得られるスキル

保育士の専門学校は、厚生労働省に指定保育士養成施設として指定されている場合は、卒業と同時に資格を取得することができます。そして、大学や短期大学などと比較すると、より実践的な能力が身につく傾向にあります。その理由は、指導する講師が、保育の現場で実際に働いている方であることが多いため、現場で使える能力を身に付けることができるからです。専門学校は、就職にも有利です。

なぜなら、このように実践的なことを教えていることが、保育の現場で高く評価されているからです。保育士の専門学校専用の求人を出してくれるところも多く、一から自分で就職活動をする必要がありません。また、就職のための考え方やマナー、アピールの仕方、履歴書指導など、細かなサポートもしっかりとしてくれます。大学や短大は人数が多いですが、専門学校は少人数なので、個々の学生に対する指導が行き届いているのも魅力です。

実際に、各専門学校は就職率を公開していますので、就職率が高いところを選びたいならば、それを目安にして探すと良いでしょう。就職率が100パーセントと発表しているところもあります。そういったところは、サポート態勢がしっかりしていることの表れですから、選ぶ価値があるといえるでしょう。ただ、保育士になりたいと考えているなら、一応はその内訳には注意しておきましょう。

100パーセントといっても、すべてが保育士としての就職であるとは限らないからです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です