Skip to content

保育士の専門学校は短期間で資格が取れる

保育士の専門学校の魅力は、短期間で資格を取得することができる事です。指定校の場合、卒業と同時に資格を取ることができますが、昼間の専門学校の場合、2年で卒業可能です。大学は4年間通わなくてはいけませんから、それと比べれば学費は少なくて済みます。また、短大と比べても、年間の授業料や入学金はやや安くなっておりますから、同じ期間を学ぶにしても、学費は抑えられるというメリットがあります。

保育士の専門学校は、2年という短い期間学ぶわけですが、それでも実践的なスキルは、ほかの選択肢に比べて身に付きます。学校側も、保育士として活動するために必要な能力を養うために、実習を多くカリキュラムに取り入れているところが多いです。そのため、卒業後にすぐに働きに出ても通用する能力が身に付きます。保育園を併設しているところや、提携している保育園がある専門学校は、こういった傾向が強いです。

また、指導する方も、実務経験が豊富で、実際に保育園で活躍している方だが多いため、これも実践的な能力が身に付けやすい理由の一つです。大学はどちらかというと理論が重視されますし、短大は中間の位置づけですから、実技力を重視したいなら、専門学校を選ぶ価値はあります。就職も有利です。就職サポートはしっかりとしていますし、学校に求人が来ていることも多いので、個人で就職活動をするよりも有利に就職活動をすることができます。

実際、多くのところは就職率が高くなっています。大阪の美容専門学校のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です