Skip to content

専門学校でも保育士免許がとれる!注意点は?

専門学校でも保育士免許がとれますが、注意点もあります。専門学校には2年制のコースと3年制のコースがあり、それぞれ勉強できる内容や卒業後に取得できる資格が異なっています。2年制のコースでも保育士免許や幼稚園教諭二種の資格を取得することはできます。最短で保育士になりたいのなら2年制のコースがおすすめです。

4年制大学とメリット・デメリットを比較することも大切です。4年制大学では幼稚園教諭一種の免許を取得することが可能です。幼稚園と保育園を合体させたような施設も登場しているので、幼稚園教諭一種の免許を取得しておいたほうが就職で有利になる可能性はあります。幼稚園教諭二種を持っている人は、一定の経験を積んだあとで試験に合格をすれば一種に変更することも可能です。

専門学校を選んだからといって一種が取得できないというわけではありません。また、4年制大学へいっておくと広く教養科目について学べるというメリットもあります。専門科目だけでなく、広く教養を学びたいという人は4年制大学のほうが向いているでしょう。逆に、保育士になるための勉強を重点的にしたいという人は専門学校のほうが向いています。

もしもまだ将来の進路で迷っているなら、4年制大学のほうがよいでしょう。途中で民間企業に就職したくなったら、やはり4年制大学を出ていたほうが有利になる傾向があります。保育士になりたいという意志が固まっている人は最短でなれる専門学校や短期大学のほうがよいかもしれません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です