Skip to content

保育士の専門学校を選ぶポイント

保育士になるために専門学校を選ぶ際には、よく情報を調べて、自分が学ぶ場としてふさわしいところを選べば、保育士になるために成長していくことができます。自分が行きたい、自分に合っていると思うところを選びましょう。まず、専門学校にはしていこうと併修校の違いがあります。前者は、厚生労働省の指定を受けていて、卒業するとそれだけで資格を取得することができます。

後者はそれがないため、短大の通信課程に別に入学して、資格をとるものです。当然、前者の方が、余計なコストや時間がかかりませんから、保育士を目指すために進学を考えるならば、指定校の方が無難です。ただし、併修校でも、自法人の短大に入学するタイプならば、比較的連携はしっかりとしているため、悪くはありません。そして、卒業生が活躍しているかどうかを見ておきましょう。

やはり、多くの人材を輩出している実績がある専門学校の方が有利です。特に、就職実績が高い保育施設があれば、太いパイプがありますので、就職がほかに比べてしやすいです。どういったところに就職している実績があるのかは、各々の専門学校が公表していますので、見ておけばわかります。また、多くの人材を輩出すれば、先輩が要職に就いていることもあって、面接の際に良い心証を抱いてもらえる可能背もあります。

やはり、自分が卒業している学校だからこそ、どのようなことを学んできたのか、現場で使えるのかといったことがわかるため、評価を底上げしてもらえる可能性が高まります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です